トライアウト申込み

最大14万円の3x3奨学金支給!若手3x3チーム育成プロジェクト

応募締切り 2021年5月10日 23:59まで

3x3チームを新設して日本選手権に出よう!!

元Bリーガーで3人制バスケ(3x3)の日本代表候補として活動する「齊藤洋介」。2021年11月開催の日本選手権大会に高校生チームを10チーム送り込むBIGプロジェクト『YOSK CHALLENGE』が始動!3x3を新設する高校バスケ部に対して最大14万円の奨学金と日本王者による継続指導を提供します。

五輪競技として採用

Coaching chart

2024年のパリ五輪採用/国内プロリーグも整備され認知度が拡大

競技人口は世界で43万人を超え、FIBA加盟国数は182カ国と競技環境も順調に成長しています。

1試合10分/21得点

Coaching chart

場所と時間を選ばないストリートスポーツ的な要素が人気

一試合あたり10分と時間を取らない観戦スタイルから、今後益々の成長が期待されている競技の一つです。

5人制と両立可能

Coaching chart

5人制のプロ選手も3人制を両立!技術の幅がUPする!

短いショットクロックでの判断や狭い空間での対人スキルを磨くことで5人制にも活きる

チーム創設から大会出場までサポート

3x3に取り組む上で立ち塞がる3つのハードルを齊藤洋介が支援します!

3x3奨学金による金銭支援

約半年間に渡り、予選出場に必要な『登録費』、大会に参加するための『交通費/宿泊費』などを一部プロジェクトが支給(1チームに対しての最大支給額は14万円近く)。

日本王者による技術指導

「3x3独自の技術・戦術」を、齊藤洋介が直接高校生に対して指導します。現地/オンラインで半年間の3x3の基礎的な練習方法/戦術を指導します。

3x3独自大会の開催と招待

日本選手権の予選が行われる前に自主的なカップ戦(プレ大会@東京)を開催。観客もいる本格的なカップ戦を通じて実戦感覚を養います。

齊藤洋介 | Pro 3x3 Player

仲間からの言葉に背中を押され、大きな夢を叶えるため2011年ストリートバスケットからプロの道へ。
NBDLではTGI D-RISE、bjリーグとBリーグでは横浜B-CORSAIRSと信州BRAVE WARRIORS、と8年間にわたりプロの世界でコートに立ち、信州BRAVE WARRIORSでは3季に渡りキャプテンを務める。
2018年5人制から引退し3人制バスケットボールへ転向

エントリーから日本選手権参加までの流れ

※エントリー締め切りは5月10日23:59まで


チーム採択前
STEP1

オンライン個別相談(任意)

※参加/不参加は選考には影響しません ▶︎
STEP2

専用フォームからエントリー

▶︎
STEP3

選考を行い採択チーム発表


チーム採択後
STEP4

5~7月:現地/オンライン指導

▶︎
STEP5

8月:中間大会(@東京)に参加

▶︎
STEP6

~11月:日本選手権大会

国内初の現役3x3トッププレイヤーによるシグネチャーカップを開催します。
この大会はプロジェクトに採択された全10チームが出場し、日本選手権前の調整の場(8月開催)として活用してもらいます。

エントリー対象者/応募条件

以下の参加資格を必ず確認いただきエントリーください

バスケ部に在籍していない人でも応募は可能です。また同じ学校&バスケ部のメンバーで学校バスケ部として応募する際は、監督や顧問の先生に必ず確認と許可を取った上でご応募ください。
参加する事は可能ですが必ず普段から、週に一度程度は一緒に練習可能なメンバーでチームを構成するようにしてください。例えば遠距離で普段から一緒に練習できないメンバーで構成する場合は選考の段階で落選となりますのでご注意ください。
本プロジェクトは新設された3x3チームを支援する企画となりますので既に活動されているチームは選考の対象外となります。ただし2021年4月1日以降に新設されたチームはその限りではありません。昨年度におけるチームとしての活動実績が確認された場合は対象外となりますのでご注意ください。
参加は必須です。
最大チーム人数は6名までとなります。ただし日本選手権の登録メンバー数は4名までとなりますので、その点もご理解いただいた上でチームを結成いただくようにお願い致します。
エントリーした時点ではプロジェクトへの採択は決定していません。先行期間を経て5月中旬頃に採択チームを発表します。
ご応募いただいたチームがプロジェクトの対象条件を満たしているか、また応募が多数あった場合はどのチームがより熱意と経験があるかを選考し、最終的に10チームを採択致します。
プロジェクトへの参加自体に一切の費用は掛かりません。ですが中間大会への参加/日本選手権への参加には必ず費用が掛かります(一部は3x3奨学金としてプロジェクトが負担)ので、その点をご理解した上でご応募ください。

応援メッセージのご紹介

このプロジェクトを開始するにあたり多くの3x3関係者/バスケ関係者様から応援のメッセージをいただいています

Kyohei Ikebe

  • 日本郵政株式会社広報部マネージャー
  • 日本郵政は、人生100年時代の一生を支える活動の一環として、様々な形で3×3の競技普及を目的とした取り組みを行っています。3×3の魅力を伝え広めていきたいという齊藤選手の思いに共感し、この度応援させていただくことになりました。この活動を通して3×3の楽しさがたくさんの方に伝わることを期待しています!

Masaki Kitamura

  • FIBA 3x3 World Tour Utsunomiya Masters実行委員
  • 齊藤洋介選手とは、共に3x3クラブチーム世界一決定戦、FIBA 3x3 World Tourが行われている宇都宮市で様々な世代を対象としたイベント/クリニックを開催してきました。関わった全ての若い世代へ世界基準の指導を行っています。世界一になるまでのプラットフォームがすでに確立している3x3では、できるだけ早くこの環境でプレーし経験を積んでいくことが大切です。そんな課題を全て解決してくれるこのプロジェクトを応援しています。
タイトル YOSK CHALLENGE
講師 齊藤洋介
日本代表候補/プロ3x3バスケ選手
対象者 18歳以下の高校生
※コーチや監督からの応募も可能
※細かい応募条件は「エントリー対象者/応募条件」をご覧ください。
時期 応募:~2021年5月10日23:59
指導(現地/オンライン):2021年5,6,7月
中間大会:2021年8月初旬
日本選手権大会予選
2021年8月から各地域毎に開始
日本選手権エリア大会/本大会
2021年10~11月
費用 プロジェクトへの参加自体は無料
支援内容 3x3奨学金による金銭支援
・各都道府県予選へエントリー:上限1万円まで支給
・中間大会(東京)へ参加:1チーム2万円まで支給
・各エリア大会(東/中/西)へ参加:1チーム2万円まで支給
・本大会(東京)へ参加:1チーム4万円まで支給

齊藤洋介による技術指導
・各チーム1回の現地3x3指導
・オンライン基礎/戦術講義2~3回(全体合同)
・月に1回のオンラインフィードバック(各チーム毎に実施)
・チャットを用いた質疑応答(各チーム毎に実施)

物品提供
・3x3公式球を1チーム3球ずつ提供(moltenより提供)
・ユニフォーム4名分を提供(VAYoreLAより提供)
※その他随時更新予定

3x3 YOSK CUP
(中間大会)
時期:2021年8月末(東京五輪後に調整中)
場所:東京都内を想定
参加者:プロジェクト採択された全10チーム
観戦:有観客にて実施 / YouTubeチャンネルで映像中継を実施
主催 株式会社nevele
代表取締役社長 齊藤洋介
その他 エントリーから日本選手権参加までの過程をYouTubeでドキュメンタリー配信